menu

慶應義塾大学SFC研究所 xSDG・ラボ,
xSDGコンソーシアム
2019年度 活動報告会


2020年2月26日(水)14:00-18:00 (13:30開場)
慶應義塾大学三田キャンパス 北館1階ホール

慶應義塾大学SFC研究所xSDG・ラボ(エックスSDG・ラボ)が推進する研究コンソーシアム「xSDGコンソーシアム」は、企業や自治体を中心とした様々なステークホルダーとのコラボレーション創出のためのパートナーシップにより、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)達成へ向けた先進事例の創出と、その推進のための仕組みづくりを目指しています。

今回のシンンポジウムでは、xSDGコンソーシアム2年度目の活動成果を報告いたします。従来の境界線を越えた(業界横断の)基準や目標、そしてアクション創出への具体的取組として各分科会の議論や内容をご紹介しながら、SDGsの優良事例とは何かを深める議論を行います。

開催概要
日時:2020年2月26日(水)14:00-18:00 (13:30開場)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス 北館1階ホール
    108-8345 東京都港区三田2-15-45 [Map]
※ 終了後、レセプション(会費制3,000円)を行いますので、ぜひご参加ください。事前登録制となりますので、参加をご希望される方は、下記のお申し込みフォームより、事前のご登録をお願いいたします。定員(200名予定)に達し次第、締め切らせていただく場合がございます。 なお、会場内での写真撮影や動画撮影はご遠慮ください。

プログラム(予定)
14:00−14:10 主催者挨拶・基調講演
蟹江 憲史(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授、SFC研究所xSDG・ラボ代表)

14:10−14:55 金融アセスメントプラットフォーム分科会セッション

14:55−15:45 プラスチック問題分科会セッション

15:45−16:00 休憩

16:00−17:00 共同研究成果報告セッション
株式会社良品計画
国際航業株式会社
ESRIジャパン株式会社
楽天株式会社
静岡市
豊岡市
モデレータ:国谷 裕子(慶應義塾大学政策・メディア研究科特任教授)

17:00−18:00 パネルディスカッション
蟹江 憲史(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授、SFC研究所xSDG・ラボ代表)
村井 純(慶應義塾大学環境情報学部教授)
モデレータ:国谷 裕子(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授)

レセプション
慶應義塾大学三田キャンパス北館1階ファカルティクラブにて(会費3,000円)

■ 参加申し込み
参加をご希望される方は、下記のお申し込みフォームより、事前のご登録をお願いいたします。定員(200名予定)に達し次第、締め切らせていただく場合がございます。

主催
慶應義塾大学SFC研究所xSDG・ラボ
xSDGコンソーシアム
環境省環境研究総合推進費「S-16 アジア地域における持続可能な消費・生産パターン定着のための政策デザインと評価:テーマ4 持続可能な開発目標(SDGs)からみた持続可能な消費と生産のガバナンス」

※ プログラムは、都合により、予告なく変更させていただく場合もございますので、予めご了承ください。