menu

活動内容

企業×SDG共同研究

中長期的経営に資する事業を持続可能な形で創出する手段として、認証や標準化といった「プライベートガバナンス」仕組みを活用する方法があります。SDGsによる中長期的経営、ESG投資に資する事業の分析や創出、ソーシャルインパクト評価指標の開発など、個別の研究課題による共同研究により、学術的根拠に基づくSDGs対応戦略を検討します。

自治体×SDG共同研究

SDGsの17の目標には、地方創生のカギやヒントがちりばめられています。 SDGsによる自治体評価の新たな指標を自治体のみなさまとつくりあげて自治体診断を行い、地方の価値創造を図ります。

xSDGコンソーシアム

SDGの優良事例構築に関心のあるステークホルダーのコンソーシアムを形成し、専門家を講師に迎えたコンソーシアム・ミーティングや分析、メールマガジン配信等をつうじて、SDGsのあり方や最新情報を提供します。

モデル分科会「認証勉強会」

環境をはじめとして多様な分野における数多くのプライベート・ガバナンスのしくみ(認証制度、標準化、表彰制度、ラベリング制度等)が存在しています。グローバルなサプライチェーンの影響を勘案しつつ、「誰もとりのこされない」ためにわかりやすい認証、サスティナブルな企業活動を推進するような形での認証や標準化の整理を行うことが重要です。こうした整理にSDGsが一定の役割を果たしうるとの想定のもと、SDGsによるゆるやかな標準化や認証制度の構築を目指し、実務的及び学術的な視点から検討を行います。

SFCでの寄付講座や学生との連携

SFCの授業科目として、寄付講座を設置いただけます。寄付者のご意向に沿って、SFCの教員が授業シラバスを作成、授業を実施します。設置された授業科目名には、寄付者名の冠を付けていただけます。またこれ以外にも次世代をになう学生との協働や教育プログラムの展開も検討します。