menu

慶應義塾大学SFC研究所 xSDG・ラボ

xSDG Laboratory, Keio Research Institute at SFC

2030 Agendaとは

2015年9月の国連総会で、「Transforming Our World: The 2030 Agenda for Sustainable Development (我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ)」が採択されました。その中心を占めているのが、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, SDGs)」です。
SDGsは、2001年に設定されたミレニアム開発目標(Millennium Development Goals, MDGs)の後を継ぐ国際目標です。MDGsは、2015年を目標達成期限として、貧困の撲滅をはじめとした8つの目標と21のターゲット、そして進捗を測るための指標で構成されました。2001年から2015年の15年の間に、環境問題や社会問題など、世界をとりまく状況に大きな変化が起こり、これらの課題への対応が求められてきました。SDGsは、これらの課題に対応する必要性から生まれてきました。
SDGsは、貧困や保健などの開発に関する目標と、国内外の不平等の是正、エネルギーアクセス、気候変動の対策、生態系の保護、持続可能な消費と生産などの17の目標、169のターゲットと指標で構成されており、2030年が目標達成期限と設定されています。国連で設定されたSDGsを踏まえつつ、今後は、各国が国内の状況や優先順位に考慮しながら、国内でのターゲットを定めていくことになります。また、SDGsを含む2030アジェンダは、政府、市民社会、民間セクター、国連機関などの主体によるパートナーシップなしではSDGsが達成できません。パートナーシップをうまく構築しながら、知識、専門的知見、技術及び資金源を動員することが求められています。

SDGs 17の目標

目標1. あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
目標2. 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
目標3. あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
目標4. すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
目標5. ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
目標6. すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
目標7. すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
目標8. 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
目標9. 強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
目標10. 各国内及び各国間の不平等を是正する
目標11. 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
目標12. 持続可能な生産消費形態を確保する
目標13. 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる-->
目標14. 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
目標15. 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
目標16. 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
目標17. 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する